土の子舎のこと

私たちは、豊かな自然環境を次世代に受け渡すために、
先人達があたり前に残してきたもの(自然敬意・伝統技術・コミュニティ)を
家づくりを通して、次の世代へ守り伝えていきます。

こころ掛け

(自然敬意) 
風土と対話しながら建物をつくること。
パッシブデザイン(光と風)+断熱をデザイン(熱)を取り入れる
(伝統継承) 
伝統に学び、職人が素材を吟味し手作業でつくること。
メンテナンスが容易で、長持ちするつくり方を選ぶ。
(共有・共感)
つくる過程が楽しくあること。
つくり手とすまい手が顔の見える関係をつくり出すこと。

佐潟にて

遠くシベリアから厳しい海を渡り左潟に来た5000羽の白鳥たちの群れを見ていると、 たくさんの学びがあります。 季節を感じ取り、食べ物・住処を求め、渡りのルートや技術は身を以て孫子に教え、群れとなり声を掛け合い危険から身を守る。 変わりゆく時代や環境の中で思い巡らすこと。 自然に逆らわず、頭と心と体を柔軟にしておくことの大切さを感じます。

スタッフ

吉原 茂雄(よしはら しげお)
一級建築士・一級建築施工管理技士・ヘリテージマネージャー(歴史文化遺産活用推進員)
1973年
新潟市中央区生まれ
日本工業大学 建築学科卒業(新潟工業高校卒業)
住宅メーカー設計部にて設計・現場管理
2005年
(株)田中工務店に大工見習いとして入社(4年間は現場で下積仕事を経験)
2010年11月
土の子舎 開設(田中工務店事務所の2階にて業務)
2015年12月
佐潟公園前に引っ越し。現在に至る。
趣味:サッカーをすること(まだ現役)
庭づくり(植栽から窯作りまで。今年は井戸堀りに挑戦するも断念・・)
吉原 あい子(よしはら あいこ)
二級建築士・インテリアコーディネーター・JWMF木材アドバイザー
1973年
新潟市西蒲区生まれ
奈良芸術短期大学 建築インテリアデザイン科卒業(木造建築と古都めぐり)
住宅メーカー設計部・店舗設計事務所・インテリア雑貨店仕入を経て
2001年
(株)田中工務店に設計として入社(工務店大工衆と手刻みの家づくりにはまる)
以降 吉原茂雄に同じ
趣味
野山あそび(シェアリングネイチャー協会会員・三条の会で子どもたちと活動) 書道・茶道(日本の文化に触れ、精神修行する。)

オフィス

事務所名
木造建築設計 土の子舎 一級建築士事務所
新潟県知事登録(イ)第4880号
業務内容
住宅・公共施設等の設計及び設計監理
所在地
新潟市西区赤塚1566
(佐潟公園前・パンの樹さんの軒つながり)
TEL
025-378-5335
FAX
025-378-5319
URL
Mail
パートナーシップ
工務店(つくり手)
新潟市西蒲区漆山8708-1
(株)田中工務店
URL:http://www.tanakanoie.jp